独自技術MCMA | ㈱FPS 平面波 フラットパネルスピーカーメーカー公式ウェブサイト

FPS Inc. 株式会社エフ・ピー・エス

平面波のフラットパネルスピーカー 世界で唯一量産供給できるメーカー

弊社の社名FPSはフラットパネルスピーカーの略です。FPSフラットパネルスピーカーは「平面波」を生成する次世代型薄型平面スピーカーです。従来のコーン型スピーカーと音を出す構造、音の波形そのものが異なるため、外観、音質が異なります。
MCMA平面波について
MCMAテクノロジーとは

次世代型平面スピーカーFPSフラットパネルスピーカーは、弊社が独自開発したMCMA(Multi Cell Microtransducer Array)マルチセル型平面スピーカー技術によって実現されたものです。高分子振動膜上に多数のマイクロセル(小さなスピーカーコイル=セル)を並べることにより理想的な平面波が創り出されます。つまり、弊社のフラットパネルスピーカーはマルチセル型平面スピーカーです。

平面波とは

「平面波」とは、わかりやすい例えで言えば大海の波のようなものです。 周りの波と干渉せずにどこかの岸にたどり着くまで(遠くまで)その形を崩さず保ち続けます。当社の『平面スピーカー』もこれとよく似た特性を持っております。電波やレーザー光なども平面波といわれます。

FPSフラットパネルスピーカーの構造

FPSフラットパネルスピーカーと従来のコーンスピーカーの違い

fps-cone

FPSフラットパネルスピーカーの優れた特長で音の悩みを解決


1. 薄型、軽量、コンパクトさ

デザインの自由度が欲しい。

省スペースでなおかつ壁にスピーカーを埋め込みたい。

天井、壁に軽くて薄いスピーカーが欲しい。

2. 優れた原音再生能力を持つ、クリアな高音質

女性ボーカルの鮮やかな高音、バイオリンやギター等楽器の済んだ音色を厳密に再生したい。

子音の多い外国語を聞き取りやすくしたい。

長時間聴いていても疲れない、むしろリラクゼーションになるように再生したい。

3.鋭い指向性と低減衰率で音コントロールが可能

教室などで前と後の席の音圧を均一にしたい。

会議、講演会などで話者の位置から音が欲しい(多くの会場で、天井または壁にスピーカーがある現状)。

スピーカーの近くでうるさくないスピーカーが欲しい。

特定の場所だけに音を届けたい。

暗騒音の多い場所でも明瞭に聞こえるスピーカーが欲しい(例えば通勤ラッシュ時の駅構内のざわざわした音環境、残響の多い場所、またボートクルーザー乗車時、海の上など)。

高齢者や耳の不自由な方にも聞き取りやすくしたい。

4. ハウリングに強い

スピーカーの前でもマイクのボリューム気にせず持てるようにしたい(従来のコーンスピーカーではハウリングが起きてキーキーうるさい)。

5. 優れた耐久性と高リサイクル性でエコ

季節・天気を気にせず屋外で使用したい。

10年の長期保証で安心。

省スペース、省資源でエコフレンドリー。

平面波と球面波の音圧比較(イメージ)

点音源・球面波(従来のダイナミックコーンスピーカー)による音の強さ(音圧)は音源から距離の二乗に反比例します。即ち1mでの音圧が90dBならば2mでは84dBで6dB減少します。これに対して線音源では距離(一乗)に反比例のため、1mでの音圧が84dBならば2mでは81dBで3dB減少します。このように、平面波は、球面波との比較において、距離による減衰が小さく効率が良いと言えます。

1m/1wはコーンスピーカー(点音源・球面波)同士を比較するための基準であり、2種類の異なる「音波」を公平に比較することはできません。「音波の違い」「公平性」「実用性」等に鑑み、別の基準で比較する必要が生じます。